So-net無料ブログ作成

「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」を映画館で観てきました! [テレビ・映画]

      

監督は、「インタビュー・ウィズ・パンパイア」「バック・ビート」など、
数々の映画を手掛けてきた英国プロデューサーで、初監督!の
スティーブン・ウーリーです。

“No Jones、No Stones”ブライアンがいなければ、ストーンズは生まれることはなかった~

と本作品に対し、語っています。

60年代のサイケデリックな時代の世界を観てきたような
気分になった映画でした。
大人の映画デス~ご家族向けでは、ありません!

60年代当時、謎の死を遂げたザ・ローリング・ストーンズ
創始者だったブライアン・ジョーンズ・・・

私が、ストーンズを聴き始めた頃には、もうブライアンは、
すでに亡くなっていて、ミック・テイラー、その後のロン・ウッドの時代の
ストーンズでした。
だから、ブライアン・ジョーンズは、ストーンズのフィルムコンサートの映像だけの世界の人でした。 

当時、読んだ本などの記憶では、ストーンズのバンドの名声と金を
手にしてからは、ドラッグと酒と女にどっぷり溺れ、
演奏もできない体になり、最後は自宅のプールでの溺死だった
と、ずっと思っていたので、映画は、実に興味深いものでした。
映画の中でも、ブライアンは、危ない感じ!危険な香り!!を
漂わせていましたが、
アニタも妖しい魅力の女性で、職業は女優だったのですね。

これが、実在した人をモデルに作られた映画・・・
サイケで怪しい60年代イギリス音楽界・・・を
恐いものみたさで、観ていて引き込まれてしまい、
最近、観た映画の中では、ロック好きの私にとっては、
面白かったです。

 「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」公開記念盤 Premium Tribute to STONED(DVD付)   レコード・コレクターズ 2006年 08月号 [雑誌] 

ブライアン・ジョーンズ―孤独な反逆者の肖像

ワン・プラス・ワン/悪魔を憐れむ歌

 

 

ここから先は、映画の内容にもふれるので、これから映画を     観るつもりの方は、読まないでね

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

当時の話では、13,14才で、女の子をハラマセタ・・・という噂を
聞きましたが、
映画では、妹を・・・近親相姦・・・妊娠させ、家族にばれて、
家を飛び出し、音楽・バンド生活に・・・
今の時代も、すごく驚かされるニュースが多いけれど、
この当時も、すごかった・・・

ブライアンって人は、本当にティーン-エイジャーの頃から
放蕩ぶりを発揮して、27歳という短い人生・・・を終えるまで、
放蕩ぶりが続いて、そして、死んでしまった・・・

まさに、サイケデリックを地で行った人生でしたね~

ただ、ドラックだけのせいではなく、
今やっているストーンズの音楽は、好きじゃない!
と演奏に参加しなくなり、英国で「くまのプ~さん」で有名な
作家の住んでいた家を購入して、そこの自宅プールが、
死に場所になってしまうとは・・・
ストーンズのメンバー達から、やめてくれ!と脱退宣言!通告を
受けていたのかぁ・・・
メンバー達に、愛想をつかされていたんだね~
私は、てっきり、ストーンズに在籍している時に、
プールでの溺死!かと思いましたが・・・
やめさせられて→そして、溺死ではなく・・・

この映画の死亡原因は、本当に、真実なのだろうか?
そして、亡くなってから3日後に、メンバー達による
あのハイド・パーク追悼コンサートが執り行なわれたのですね。

ミュージシャンとドラックの黒い噂は、世間でよくあるけれど、        今は亡き、ストーンズの創始者、ブライアン・ジョーンズの人生は、        凄過ぎだぁ・・・

と、一人で観に行ったので、誰かと感想を語るでもなし!サビシィ・・・    の映画だったので、日記に、あれこれと書いてしまいました

ブライアン・ジョーンズ―ストーンズに葬られた男

ローリング・ストーンズ伝説の目撃者たち

ローリング・ストーンズ伝説の目撃者たち


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

はじめまして。
私も映画館で見ました。ファン特有のコアな映画になるのではないかと思いましたが、万人ウケ?な作品になっていて満足でした。
バックビート・・・の関係者だったのですね!
by (2006-08-17 11:46) 

マユリィ

コメントありがとうございます!
この手の音楽に興味がある人達しか、振り向きそうもない映画・・・
でも、それなりにストーンズの60年代をなつかしく思い出させてくれますね!
自分の周りには興味ある人いない^_^;ので、この映画の話が出来て、Nice!までいただき、とても嬉しいです。
by マユリィ (2006-08-17 16:47) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。