So-net無料ブログ作成

「ダ・ヴィンチ・コード」読んだら、パリ・ロンドン観光がしたくなった・・・。 [本-エッセー・その他]

やはり、涼しくなってくると、読書の秋!なんでしょうかね?
ブーム真っ只中には読まず、映画も終わっちゃって「ダ・ヴィンチ・コード」DVD発売の時期に ・・・
そうだ!読んでなかったなぁ・・・と思い出し、読みました。

読み始めると、先が知りたくて・・・早く先が知りたくて・・・ 
とイッキに読めたので、やはり、面白い本だと思いました。
でも、キリスト教を理解していない、よく、わからない私などの日本人が読むと、
ちょっと理解しがたい、馴染みにくい内容ですね。

学生時代に、英文講読の授業で、題材に扱った旧約聖書(ノアの箱舟などの話)
の訳にとりかかった時も、宗教に馴染みがないものだから、
まるで、物語を訳しているような受け止め方をしたことがあったですねぇ・・・

この本を読んで、初めてキリスト教というもの、カトリックや異教徒などの関係、
人間キリストだった人が、神キリストへと・・・
そういうキリスト教について、少しは触れられた気がしました。
信仰している人が読むと、また、さまざまな解釈があるだろうと・・・
だから、ラストも、少し、無理やりに納得して、わかった気になったような・・・
はたまた、わかってないのか  そういう本でした。

夢中で読み進んだわりには、ラストの解釈が、キリスト教の馴染みのない人には、
むずかしいのでは と思いました!
何はともあれ、オモシロイ本というのは、ちょうど、迷路の中に入り、
読み進んで、一刻も早く、答えが知りたい 
結末の出口探しの衝動にかられる本だと思いますね~

それと読んでいて、ルーブル美術館へは、 4年ぐらい前だったか?
に行ったことがあるので、美術館に興味がいきました。
逆さピラミッドってあったっけ ?

よくおぼえてないなぁ・・・などと、あれこれ思い巡らせたのも楽しかったです。
ウェストミンスター寺院ロンドン観光で、とても感激したところでしたが、
ニュートンの球体 ?

サー・アイザック・ニュートンの墓は、見なかったのか?

フランスイギリスは、別々の時期に旅したので、
「ダ・ヴィンチ・コード」ルートで、もう一度、旅した~い と・・・
本を読んでいて、本当に旅行したくなっちゃいました。


「ダ・ヴィンチ・コード」 謎を解く旅への招待 --ラングドン、ソフィーと巡るパリ・ロンドン


ダ・ヴィンチ・コードの歩き方―パリの迷宮と神秘の世界を歩く


ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション ミニクリプテックス付き









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。