So-net無料ブログ作成

初めての家猫…きーちゃんは、何度も手術で、体が弱かったせいか、とても、おとなしい猫でした! [にゃんこたちの写真]

今日は、2003年に亡くなってしまった きーちゃん  の話を・・・。

きーちゃん(ブログ右上の子)が生きていた頃は、

フィルム撮影時代の写真だったから、思い出話の写真も、ブログに、紹介できず・・・。[あせあせ(飛び散る汗)]
今日は、下の方に2枚だけ・・・。

1992年、ベランダで弱ったキジトラの仔猫を保護して、

きーちゃん と名付ける。[猫]


子供の頃から飼っていたワンコは、17歳で、長寿を全うして、

きーちゃん と出会ったのは、その5年後でした。[ー(長音記号1)]

きーちゃん は、家猫になり、すっかり、元気になったけど、

性格は、とても、おとなしい にゃんこ でしたね~。[猫]


メス猫ということで、 避妊手術 をすることに・・・。

とくに、発情期でニャーニャーなく前に、10か月ぐらいだったのかな~[exclamation&question]

今まで、ワンコがかかりつけだった動物病院に、

うちの母親が連れて行きました。[ー(長音記号1)]


母親づての話では、手術した時、動物病院先生に、

この猫は、普通の猫より、骨盤がとても狭いから、
もし出産するようなことがあったら、
仔猫がひっかかって出てこれず、親子共ども、助からないでしょう。

というようなことを言われたと・・・。[たらーっ(汗)] 

避妊手術の 胸当て包帯も取れ、しばらくは、とくに変わったことがなかったけど、

1才を過ぎ、ご飯の食べる量も増えてきた頃に、

何日も、便が出なくなってしまったのです。[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]


で、あわてて、手術した動物病院へ連れて行くと、

即、入院で、即、手術[exclamation×2]

この頃は、こちらも仕事をしていたから、きーちゃん の病院通いは、母親が…。


便が詰まり、固まってしまった部分の腸を切り取られ、再び、縫い合わせ・・・ [ふらふら]

という手術を受け、3日間、点滴入院生活・・・。

退院後は、何日か、痛み止めと下剤のを飲まされ・・・。[ふらふら]


ところが、しばらくすると、また、便が出なくなり・・・。[ダッシュ(走り出すさま)]

また、同じ病院へ・・・。

そしたら、また、同じ手術・・・。

なんと、きーちゃん、この手術を5,6回されちゃいました。

当時、近くに、動物病院が、そこしかなかったし、

今、みたいに、インターネット病院を調べることもできなかった時代・・・

トイレで、長い時間、苦しそうに、ず~っと、モゾモゾ・・・今日で何日め[exclamation&question]

なんてことになると、

そこの動物病院へ連れていくしか、頭に浮かばなかったでしたね~。[あせあせ(飛び散る汗)]


でも、手術され、腸が、どんどん、短くなっちゃうし、本当に、大丈夫なの[exclamation&question] [ふらふら]


と、さすがに、5、6回めの手術の頃から思い始め・・・[たらーっ(汗)]

ちょっと、遠い場所だったけど、評判のいい動物病院を知り、

そこへ連れて行くと、

やはり、そこの先生から、何度も、切り取り手術をされてしまうとは・・・

と、驚かれました。

収縮運動が、できなくなってしまうらしいです。

そこの動物病院では、浣腸やら、外からのかき出し処置を行うという方法でした。

その後は、そこの動物病院が、かかりつけになりました[exclamation]


きーちゃん、ず~っと、そういう生活のちゃんだったのです。


下剤や整腸剤のようなお薬は、いつも、飲み続けていたから、

食事の栄養も、排出されてしまい、

お尻のあたりなんか、ガリガリで、痩せていましたね~。 [ふらふら]


最初に、連れて行った動物病院は、おしゃれな ワンコが多かったし、

ノラ猫だったから、雑に扱われたのかな~[exclamation&question][がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

2番目に連れて行った動物病院治療法を知った時、

最初の動物病院は、動物のことより、

手術ばかりする、金儲けの動物病院だったよね[ダッシュ(走り出すさま)]

と思いましたね~。[ふらふら]


弱っていただったから、発育不全のせいだったのかもしれないけど、

避妊手術前は、普通にトイレ出来ていたのに・・・[exclamation&question]

ご飯の量が、仔猫の時は、少なかったからなのかな~[exclamation&question]



きーちゃん椅子の上.jpg

よく、この椅子で、お昼寝したり、過ごしていました[exclamation]

きーちゃんは、

お腹の調子がよくない日が多かったから、高い所に飛び乗ることもできなかった…。[ダッシュ(走り出すさま)]

よその人が来ると、すぐ、隠れちゃうし、本当に、静かな、おとなしい でした[exclamation][猫]



こちらは、2002年12月のクリスマス・・・。
120きーちゃん.jpg

この翌月に事件があるとは、この時、考えもしなかった。。。











nice!(22)  コメント(7) 
共通テーマ:ペット

nice! 22

コメント 7

のらん

あぁ、きーちゃん。。。この先を知っている私は、ここまで読んだだけで涙がでます。。。
発育期の仔猫のころの育ち方は、やっぱり大切なのでしょうね。私がお世話になっている動物病院でも、便の掻き出しで通っていらっしゃる猫の多いです。いまは当たり前だけど、ちょっと前はやってない病院もあったのかもしれません。でも、動物病院って、ホントにいろいろで、行って見ないとわからないですよね〜〜。それにしても、腸の切除を繰り返されて、きーちゃん、かわいそう( ; ; )
よくがんばったねって、ほめてあげたい‼
by のらん (2011-06-29 08:50) 

yhiga-siura

猫ちゃん、一人ひとりが、精一杯、生きた人生?(猫生かな)
私たちが、伝えていってあげないとね。
by yhiga-siura (2011-06-29 13:02) 

morichan

インターネットで調べることがなかった時代。
今思えば、病気だって病院だって、本当に手探りでしたね。そんな中で、きーちゃんは大きな愛情で育った。
とっても幸せな猫ちゃんだったのですね。


by morichan (2011-06-29 13:44) 

島猫

本当に病院は選ばないと大変なことになりますね!
うちも気をつけなくては。
by 島猫 (2011-07-01 00:17) 

マンチ軍団

きーちゃんの状況を考えると涙がでます!
我家も信頼し通っていた獣医だったのでショックを受け
トラウマか他の医院も鵜呑みに出来なく成りました。


by マンチ軍団 (2011-07-01 20:45) 

haku

お医者さんって、当たり外れがありそうですが、
動物病院は特にそうなのでしょうか? ーー;
可哀そうでしたね...
by haku (2011-07-02 19:25) 

マユリィ

のらん さんへ
とにかく、猫を保護したのも、家猫も、初めてのことだったので、猫について、よく、知らなかったのも悔やまれます。(>_<)

その頃は、首輪してる猫さんなども、結構、外で見かけたので、
きーちゃんも、外に出たがったりするのかな?と、
だいぶ、大きくなったからと、発情期を確認する前に、
避妊手術させちゃったのも、よく、なかったのかもしれません。
保護してから、元気になったけど、もともと、弱っていた子だったから、ちゃんと、成猫になって、発情期を確認してからでも、
きーちゃんの場合は、よかったですね・・・。(・.・;)
きーちゃんは、怖い目に、たくさん、あった子でしたが、
たくさんのかわいい思い出も・・・忘れられないにゃんこです!


yhiga-siura さんへ
猫ちゃん、みんな、それぞれ、いろいろなたくさんの思い出が
ありますよね・・・。猫好きさんの心の中で、いつまでも、生きていますね!(=^・^=)


morichan  さんへ
最近のように、猫の雑誌を購読するとか、ネットで調べたりするとか・・・あの頃は、想像つかなかった時代ですね。(^_^;)
動物の病気の知識も、詳しくなかったから、具合が悪くなれば、動物病院の先生の言われるままに、従わねばならなかったけど、2番目の動物病院の先生は、ホント、いい人で、きーちゃんのこと、すごく、心配して、治療してくれました。


島猫 さんへ
動物病院選びは、むずかしいし、本当に、怖いです。
でも、今は、あの頃と比べものにならないほど、たくさんの動物病院があるから、利用者の評判チェックも大事ですね。


マンチ軍団 さんへ
うちから歩いて12,3分の場所だったというのも、悲劇の始まりだったかも…。人間同様、にゃんこも、病院は、怖いですよね。
セカンドオピニオンや、利用者の評判を調べることも、重要ですね!


haku さんへ 
動物病院の当たり外れがあると思うと、ホント、怖いです。
ペットの気持ちが、聞ければ、いいのですがね~。
獣医の言われるまま、拒否できない分、なおさら、可哀想ですね。(>_<)
by マユリィ (2011-07-05 17:33) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。