So-net無料ブログ作成

猫の避妊手術…ミーヤンの場合 [にゃんこ-ミーヤン]

ここのところ、蒸し暑い毎日が続いてますね~。[晴れ]

なんとなく、ブログテンプレートを白色に変えてみました[exclamation] [わーい(嬉しい顔)]


今日は、我が家の5番手の・・・ミーヤン です。

末の猫娘 だから、なんとなく、いっぱい、かまってしまう気もします・・・。

ぼんやり、ガラス窓越しに、外を眺めている ミーヤン だけど・・・

ミー2007.10.10-555.jpg



2006年、秋・・・ベランダで出会った 仔猫の時は、こんな感じでした[exclamation] [わーい(嬉しい顔)] 

正面から見ると、結構、フサフサした毛並みでしたね~。

ミー2007.10.10-475.jpg



この頃は、公園でも、たくさんの猫さんを見かけた平和な時代で、

うちのベランダも、他にも、猫さんがたくさんいました。

1年前に、ポンちゃんをベランダに置いて行った黒猫かあさんが、

再び、ベランダに、2匹の仔猫を連れて、やってくるようになり、

ミーヤン は、その仔猫です。

誰か、もらい手、いないかな~と思うだけで、
猫好きさんの知人もいなく、すべを知らず、行動できなかったですね~。

白黒の仔猫の方が、体が大きく、元気で、

ミーヤン は、いつも、ボンヤリ、うずくまっていました。

sミーヤン外時代.jpg
じょじょに、フサフサした感がなくなり、横から見ると、ひな鳥のような・・・。



その頃は、まだ、ミーヤン という名前をつけていた訳でもなく、

なんとなく、ギズモちゃん(映画グレムリンの・・・)と呼んでいて、

さわっても、いつも、ボンヤリしてました。[猫]

そしたら、年末頃、ぐったりと弱ってしまい、

お正月開けに、うちのベランダで、とんでもないことになってしまったら・・・と、

焦って、保護しました。[がく~(落胆した顔)]

ゲージの中で、クション・・・[あせあせ(飛び散る汗)]と、青っぱなをたらし、

どうやら、風邪をひいてしまったようで、

お正月明けに、動物病院へ連れて行きました。


動物病院に連れて行った時、まだ、名前を付けてないと話すと、

ハナちゃんという仮の名を 先生がつけ、カルテに書いたのです・・・。

薬を飲ませ、1週間もすると、回復しました[exclamation] 

元気になったので、お風呂に入れてあげました。[ひらめき]

何するにゃ~ と、ビックリして、不満顔でした。

ミー2007.10.10-448.jpg



本当は、ギズモちゃんにしたかったけど、家族が、そんな へんてこな名前・・・と、

評判悪すぎだったので、やめました。[ダッシュ(走り出すさま)]

とりあえず、ハナ・・・と呼んでましたが、鼻の穴のあたりが黒柄だから、

どうも、  を連想しちゃい、いまいち、ピンとこなかったのです。[ー(長音記号1)]

ミー2007.10.10-452.jpg



こちらは、前の携帯電話での画像だけど、

この頃、コタツの中の様子を撮ったら、なんだか、魔物のような写り具合に・・・。

sミーkore.jpg



家族のズボンの中に、手を突っ込み、顎を乗せ、バリバリやるのが好きでしたね~。

よく、ギャーって、悲鳴をあげていました・・・。

sミーkotatu.jpg


夜中も、ドタドタ暴れて、なかなか、ヤンチャな感じで、

どうも、ハナちゃんが似合わない・・・。[ふらふら]

ミヤ―ミヤ―っと、よく鳴き、こちらが、ミヤ―と返答すると、ミヤ―と鳴き返す・・・。

この掛け合いが、結構、長く、続くので、

そのうち、ミーヤン になったのです[ひらめき] 男の子みたいな名前だけどね・・・。

名前を呼ぶと、猫の鳴き声に聞こえるみたいで、返答するから、いい感じなんです。[わーい(嬉しい顔)]


そんな、こんなして、夏頃、ミーヤン も、避妊手術に連れて行きました[exclamation]

しかし・・・

ミーヤン の時は、大変 だったんですよ。。。[がく~(落胆した顔)]

お正月明けに連れて行った(ポンちゃんも避妊手術を受けた) あの動物病院で・・・。


動物病院につれて聞く時も、

キャリーの中で、 ウ~ウ~シャーシャー[むかっ(怒り)] 唸っていたのですが、

病院で、キャリーから、ひとまず、病院のケージ に ミーヤン を移そうと、

先生が、キャリーを開けたら・・・

サササッと、すばやく、診察室に飛び移り、

今まで、聞いたこともないような 奇声で、

ミーヤン は、狂ったように、棚の奥の方へと、ドタバタ逃げ回り・・・[ダッシュ(走り出すさま)]

棚の物は、落ちまくり、大暴れ~~~。[どんっ(衝撃)]


先生も、噛みつかれてもいいように、ガード用の腕までの手袋をして、

捕まえようとしましたが、なかなか、うまくいかない。。。[ダッシュ(走り出すさま)]

まさに、ギズモ が、 グレムリン に変身しちゃった [exclamation×2]

ような感じだったのです。[がく~(落胆した顔)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]

診察室格闘劇・・・1時間ぐらいやっていたのです・・・。[あせあせ(飛び散る汗)]

先生は、麻酔注射を取り出し、どうにか、追い込み、

ミーヤン は、麻酔を打たれたのでありました。。。

先生も、 この猫は、家で飼うような猫ではないなぁ・・・

と言いだすしで、大変でした。[ふらふら]

それで、すぐ、手術かと思ったけど、今日は、興奮しすぎているからと、

明日、取り行うと、先生に告げられました。[ふらふら]


待合室では、捕獲器に入れられたノラの黒猫さんを持ち込んだ人が、

保護の不妊手術を待っていたのです。

診察室も、めちゃくちゃになっていたしね・・・。[ふらふら]


麻酔で、もうろうとした ミーヤン は、ケージに移され、

その日は、病院に お泊りで、翌日、手術になりました。

翌日は、おとなしかったようで、避妊手術も、無事に行なわれたようで、

翌々日に、連絡が来て、迎えに行きました。[ー(長音記号1)]

1日めは、ただ、麻酔で眠らされての入院だったのです。。。[ダッシュ(走り出すさま)]


あの弱々しかった ハナちゃんがね~と、先生も、驚いていましたね~。


ミーヤン の時は、

結構、こちらの方が、病院での捕り物劇の精神的ショックを受け、

連れ帰って来てから、包帯姿を写真に撮る気力もなっかったですね。。。[ダッシュ(走り出すさま)]


手術は、とくに問題もなく、順調に回復し、包帯も、結構、ビリビリにしていたような [exclamation&question]


としては、ヤンチャだし、やっぱり、ミーヤン って名前が似合ってると思う・・・。

miyan2008.9.15-163.jpg

病院での大暴れ は、よっぽど、怖かったんだろうけど、

ミーヤン のパニクリ方が、ハンパじゃなかったからね~。[あせあせ(飛び散る汗)]


動物の嫌がることはしたくないけど、避妊手術 は受けさせたいしで、

ミーヤン の時は、いろいろと考えさせられちゃいましたね~。[ふらふら]

これで、我が家のたちの避妊手術の話は、おしまいです・・・。[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]












nice!(21)  コメント(10) 
共通テーマ:ペット

nice! 21

コメント 10

のらん

ミーヤン、可愛いですね♡ 三毛とサビの中間って感じ⁇
でも、病院での捕物劇には笑ってしまいましたよ(^○^)
だって、ウチのベランダ猫のぶち子を連れていった時とソックリな状況で‼ うちの子も、診察室でスルリと逃げたあと、大パニックで、先生は噛まれて血を流していました。。。(>_<)
ああいう時の猫って、まるでムササビみたいに、狭い診察室を跳び回るんですよね〜。私は怖くて手も出せなかったけど、最後に先生が首根っこのところをむんずと捕まえてくれたのです。。。
あの子は、さらに、抜糸の時も先生を噛んでいました。。。^^;

ところで、茶トラ兄妹のお母さん猫のモモちゃんは、ちっちゃくて、わりと濃い色の茶トラでしたよ。マユリィさんのモモちゃんと、似てるかな?
by のらん (2011-08-11 08:39) 

haku

最初の頃の写真は、か弱い感じなんですが、
結構おてんばさんだったんですね! ^^
動物病院での1時間の格闘、ホントに大変だったでしょうね!!
by haku (2011-08-11 11:06) 

marie

子猫のミ‐ヤン ほんとに鳥のヒナみたいですね(^-^)
ただ麻酔で眠らされただけって。。。。^^; 
こわかったんでしょうね。 お迎えに行った時は安心したんじゃないですか? でもやっぱりさびさんてみんな女の子なんですね~

いつもコメントありがとうございます♪
by marie (2011-08-11 11:33) 

くにちゃん

ミーヤンこわかったでしょうね^^よくがんばったね^^
by くにちゃん (2011-08-11 16:55) 

島猫

そらそうだ^^たぶん殺されると思ったのでしょう^^
by 島猫 (2011-08-11 21:11) 

sunset

こんばんは。
1時間も大暴れしたなんて大変だったんですね。
よっぽど怖かったんでしょうね~

by sunset (2011-08-12 21:21) 

morichan

波乱のニャン生だったんですね、ミーヤン。
動物病院で1時間も大暴れしたとは!
かなり怖かったのでしょう。
元気に育っているようで良かったです。

by morichan (2011-08-13 21:39) 

マユリィ

のらん さんへ
ミーヤンはミックス柄ですが、何猫なのか?いつも、迷いますね。
赤サビにしては、脚のあたりは、トラ柄もあるし・・・。
そういわれれば、三毛も入っているのかな?
黒猫母さん猫は、やや長毛だったので、ミーヤンも、最初、見た時は、やや長毛の仔猫だったけど、成長とともに、すっかり、短毛猫に変化していったのです・・・。(・・?
ついでに、ボンヤリ、おとなしめの性格から、ちょこまか、すばやい動きの暴れん坊に変身しちゃいましたね~。暴れん坊のわりに、意外と、怖がりで、逃げ足が速いんです。(^^)

ぶち子ちゃんて、さくらちゃんの忘れ形見の猫ちゃんでしたよね~。
やっぱり、断固拒否って感じで、大パニックだったんですね。
飛び回る様子…確かに、ムササビみたいですね!
ミーヤンは、色柄的に、子猿のようにも見えましたが・・・。(^_^;)
こちらの動物病院は、溶ける糸らしく、抜糸はなかったのですが、
ぶち子ちゃんは抜糸の時も、先生に断固抗議したんですね。(^◇^)

お母さん猫のモモちゃん、うちの茶トラ!のモモと、似てますね~。


haku さんへ
仔猫の時の性格は、アテになりませんね~。(^_^;)
でも、案外、小さい時は、猫をかぶっていたのかもしれませんね~。
病院で、あそこまで、いきなり豹変して、暴れまくり、びっくりでした。


marie さんへ
仔猫というより、みみずくの子ヒナのようなに見えましたね~。(^^)
母猫と、もう一匹のきょうだいが、一緒にいたので、どうしたものか?日々、ためらっていたのです・・・。
ただでさえ、麻酔は心配なのに、2日つづけで、打たれるとは…と、
病院へ置いて来た後も、心配でしたね。
経過は、順調だったので、一安心でしたが・・・。(^_^;)
サビ猫さんて、女の子が多いのですか?ジャングル村のサビ猫の赤ちゃんも女の子でしたか。あの赤ちゃん猫、元気かなぁ。


くにちゃん さんへ
何されるのか?猫には、わからないから、すっごく、怖かったんだと思いますね。
ミーヤンもがんばってくれ、無事、手術でき、ほっとしました。(^^)


島猫 さんへ
身の危険を感じ、とにかく、逃げ出したかったんでしょうね。(^_^;)事情を説明できない、辛さもありますね。


sunset さんへ
獣医さんなら、すぐ、捕まえられるのかと思いましたが、
1時間、猫と人間の根比べでしたね~。
それだけ、怖かったんでしょうね。(^_^;)


morichan さんへ
親子連れでも、発育が遅い仔猫の方だったから、保護するんだったら、もう少し、早く、家にいれてあげればよかった・・・とも思いましたね~。
大暴れで、「家で飼うような猫ではないなぁ」と言われたのも、ショックでしたが、家につれ帰って来てからは、元どおりの甘えん坊に戻りました。(^_^;)

by マユリィ (2011-08-14 16:10) 

クローヴ

ミーヤンちゃんの病院での捕物劇はその病院でも歴史に残る
一件でしょうか?
ミーヤンちゃんは防衛本能がすごいんだと思います☆
変な人に連れて行かれる心配はないですね。
うちの、もう亡くなったわんこを去勢手術させた時に、
かなりドクターを困らせたという一件を思い出しました(^^;
by クローヴ (2011-08-18 23:38) 

マユリィ

クローヴ さんへ
確かに、ミーヤンは、防衛本能すごすぎの逃げ回り方でしたね~。
診察室の棚から棚へ飛びまわり、棚の奥の方へも、あちこち、もぐりこみ・・・棚に入っていたモノも、次々と落ちたり、メチャクチャになってしまいました。
ドロボーに入られて診察室みたいで、先生にも、猫の保護者として、申し訳なかったですね~。(^_^;)
クローヴさんちのワンちゃんも、先生を手こずらせた組でしたか・・・。

by マユリィ (2011-08-19 10:44) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。